一月末から慌ただしくイタリアに飛び、帰国してまもなく私はカルフォルニア
の土を踏んでいました。

初めてのロサンゼルスは本当に快適な毎日。沈む夕日の美しさ。ペリカンの群れの
飛ぶ様。海岸線の美しさ。そして二十年振りの約束を此の地で果たす事が出来ました。

 短い日程ではありましたが、人と人との出会いの不思議さ。そして素晴らしさを心に
はっきりと留めて帰国致しました。

 ところが三月十一日。我が国日本に未曽有の天災が起こってしまいました。目黒の里
もかなりの揺れを感じ、只ならぬ予感を感じて間もなく、大津波が東日本へ。

 言葉にもならない時間があっと言う間に過ぎ、目に飛び込んで来るのは被災地の想像
もつかない光景でした。生きている事への感謝に身も心も震える一瞬でした。

 思えばこの日、我が家の雑木林には一匹の小鳥も姿が見えず、不思議な静けさだった
事を思い出します。

 兎に角被災地へ確実なる救援の手を !  原子力発電所の安全確保を ! 神仏に祈る
事しか私には出来ません。

 こんな情けない私ですが、寝不足気味の重い身体を引きずるように庭に出てみました。
そこには既に春がやって来ているのです。草花の新芽が出ているのです。

 先行きの見えない中にも、植物は黙ってその役割を果たしていました。その瞬間私は
自分に問うてみました。「私の使命は一体なんだろう」と。

 それは私が料理を作り続ける事。美味しいと感じて召し上がって戴く事なんだと。
この先もずっとこの目黒の里を守り、暮らし続けて参ります。

 被災地の皆様には心よりお見舞いを。そして追悼の祈りを奉げます !
そして、私を気遣ってくれた世界中の人々に感謝致します。「ありがとう」
b0129553_23135964.jpg

 穏やかなロサンゼルスの日没でした。
b0129553_23154144.jpg

ペリカンの群れが飛んでいます
b0129553_23171494.jpg

 久しぶりに海に見入りました
b0129553_23182553.jpg

不安な毎日。でも庭の片隅にはこんな花が顔を覗かせて・・・
b0129553_2320132.jpg

 やっと開いた椿の一枝を、仏陀に捧げました
b0129553_23213330.jpg

目黒の里の「お願い小地蔵様」です
[PR]
# by hossoge | 2011-03-31 23:23 | 都会の田舎暮らし
 今日は少し寒さも和らぎ、午後からは親しい友人達が集まり、お喋りに
夢中になってしまいました。

 年末年始も仕事に追われた私は、楽しいお喋りでかなりリラックス致し
まして、今年もまた楽しい事をあれこれ考え始めました。

 そんな折、来月LAに飛ぶ事になりました。それも羽田空港からです。
羽田も再び国際線が沢山就航するようになるんだと、嬉しくなりました。

 実に34年振りのフライトは、正に「洋行」と言われた時代を彷彿と
させます。さてさて、新タ-ミナルはどんな風になっているのでしょう。

 通常私の出張は欧州が殆どですが、その多くをオランダ・スキポ-ル
空港を利用します。その名もずばり「船の地獄空港」という意味なのですが。

 ところがその名とは打って代わり、実に分かりやすく楽しい空港なのです。
そして次々と新しい顔を覗かせます。

 最近は乗継ゲ-トの一角に、自動撮影機・コピ-・名刺印刷機を見つけ、
つくづく旅行者の視点に立って空港造りを進めているんだと感心しました。

 余りにも検討違いをしている我が国の空港行政・・・・。一度スキポ-ル
空港で徹底した研修を企画してはどうかと考えるのは私だけでしょうか?
b0129553_23123827.jpg

欧州便からの乗継通路。右手には「カフェ・アメリカン」が
b0129553_23171831.jpg

 緊急時には助かりますね。
b0129553_23194341.jpg

空港内には便利なス-パ-マ-ケットも、あちこちに出来ました。
[PR]
# by hossoge | 2011-01-19 23:22 | 旅行

新春の佇まい

 明けましておめでとうございます。心より新春のお喜びを
申し上げます。(少し遅くなってしまいましたが)

兎に角よく働いた年の瀬でございましたが、お陰様で恒例
のお節料理も無事に相済ませる事が出来ました。

 毎年毎年こうして一年の最後に、先人から伝わる伝統的
な調理に、意を正して向かうことこそ、我が身への戒めで
あると感じています。

 どんなに美しい料理が仕上がっても、その隠れた部分が
不浄であれば、それは片手落ちになります。

 やはり日々の作務の上に成り立つものだと思うのです。
一年の始めに、それを禅寺に見出す事に致しました。

 「日々の積み重ね」今年は基本を見つめなおしてみよう
と思うのであります。

 この「凛」として佇む東福寺の三門。そこには清浄な空間
が広がっていました。
b0129553_931686.jpg

 楼上には文殊菩薩と十六羅漢がおわします。
b0129553_933572.jpg

私も日々の作務に励む事に致します。
[PR]
# by hossoge | 2011-01-17 09:34 | 京都・奈良

Merry Christmas from DELFT

今年も既に一週間を残すところとなりました。何しろ働き続ける私なので
あります。ふと気が付けば今宵はクリスマス・イヴ。

 たった今本日の仕事を終え、やっと一息付いています。毎年毎年、来年
こそはゆったりとした、クリスマスをと思いつつ・・・!

 忙しい一年を振り返り、せめて皆様にDELFTの情景に感謝を添えて !
良いお年をお迎え下さい。
b0129553_23195093.jpg

  デルフトのマルクト広場から
b0129553_23213442.jpg

バス停の上にも
b0129553_23232912.jpg

凍てつく運河を鴨達がゆったりと泳ぎます
b0129553_23251261.jpg

  新教会もすっかり冬化粧
b0129553_2326209.jpg

旧教会のステンドグラスに、来年の平和を祈願します
b0129553_23295133.jpg

  オランダの年の瀬には、こんな露天が立ち並びます
b0129553_23312272.jpg

年の瀬の名物「オリボ-レン」売りのお兄さん
b0129553_2334321.jpg

  早速買い求めました。レ-ズン入りがお気に入りです
b0129553_23373863.jpg

春には鮮やかな緑に包まれる事でしょう ! 良いお年を !
[PR]
# by hossoge | 2010-12-24 23:39 | 四季の風物誌

雪の北イタリア

 紅葉をじっくり愛でる余裕もなく、今年最後のイタリアに飛んだのは
先月の下旬。仕事を終えたその足でパリ便に。。。。

 疲れ切った身体を、たっぷりの機内食とフルフラットのシ-トに横たえ
気が付けば既に、シャルル・ドゴ-ル空港に到着です。

 その日のパリは時雨れていましたが、ベネチアに着くと程なく、お日様
が顔を覗かせ、ホッと一息。何時ものキャフェが本当に心地良いのです。

 さあ ! 晩秋のイタリアでさっさと仕事を片付け、久しぶりの一人の時間
を過ごす事に致しましょう !

 ところがです。到着した翌々日は何と朝から雪・雪・雪。TAXIも来ない中
私は仕事先まで、雪の中を歩いて向かう事になりました。

 でも物は考えようです。この世界遺産のヴィチェンツァを雪化粧で見るなん
て、それはそれは素晴らしいの一言なんです。

 私は寒さも忘れ、丸で絵本の1ペ-ジに吸い込まれたように、終日一足早い
真冬の風情に浸りました。

 夕方には雪も止み、大好きな「チョコラ-タ」を啜りながら、今年頑張った
自分に拍手を贈る事に致しました。

 実に良く働いた一年だったと、改めて思うのであります。そして、我が身の
幸せをこの街の教会の聖母に、祈る事に致します。「Grazie Mille !」
b0129553_22204942.jpg

b0129553_2222121.jpg

  熱いカプチ-ノを吞んでいた外では、雪が降り始めていました。
b0129553_22235529.jpg

b0129553_22245177.jpg

世界遺産「ロトンタ゜」へと続く道もあっと言う間に雪化粧。
b0129553_22264327.jpg

  幻想的な雰囲気に、寒さも忘れて・・・・
b0129553_22281512.jpg

深い眠りについたような、ヴィラ・ロトンタ゜です。
b0129553_22315194.jpg

  寒い北イタリアでは何と言っても「チョコラ-タ」です。
b0129553_22334539.jpg

アルプスもすっかり雪に覆われ、ガス灯がともります。
b0129553_22384167.jpg

  大きな樅の木に、近づくクリスマスに思いを馳せて・・・
b0129553_2243387.jpg

モンテ・ベリコ教会のマドンナに感謝を捧げます。
b0129553_22455322.jpg

  今年もありがとうございました。
[PR]
# by hossoge | 2010-12-14 22:49 | イタリア

疲れ果てた翌日は

 先月ワシントンDCより帰国して早一月。本当に忙しい毎日が続いています。
「あらを食す会」の翌日もずっと仕事・・・。有り難いですね。

 そうは申しましても身体は一つ。ぴくりとも動かぬ曇りの週末を迎えながら
も、お腹だけは空くのです。

 悲しい事に昨年から痛み出した、左腕を庇いつつステ-キを焼く事に致しま
した。最近は赤みの柔かい輸入牛肉が出回っていますね。

 今宵は思いっきり食べようと思います。これはおよそ350g。美味しく焼く
秘訣は香り高い黒胡椒と隠し味の薫煙塩。そして少量のオリ-ブオイルです。

 フライパンから煙が出るまで良く熱し、「ジュッ」っと香ばしく焼き上げます。
運よく冷蔵庫に、パプリカとズッキ-ニの茹でたものが残っていました。

 ふと、付け合わせの赤と緑に「クリスマス」を感じながら平らげました。
「ご馳走様」 きっと明日は元気が戻る事でしょう !
b0129553_1331665.jpg

[PR]
# by hossoge | 2010-11-21 13:33 | 料理

あらを食す会

 先日さるVIPより「あらを食す会」のご用命を賜りました。食に携わる私で
さえ、過去二度。それも少量のお造りと焼き物を賞味した程度でした。

 頭を巡るのは一体どの大きさの魚が届くのか?そしてこれをどう捌いて、ど
んな食材と合わせ、其々が引き立つ一連の献立の流れを作れるか?

久方振りに緊張溢れる数日を過ごしました。料理の流れと申しますのは、只
お造りして、順番に出すだけではございません。

 前後の一品がそれぞれ引き立つような献立。そして、最後の一品を食べ終わ
った瞬間に、身も心ご満足戴けるよう努めねばなりません。

 今回のように食材のテ-マが決まっている場合は尚更ですね。兎に角「あら」
に真剣勝負を挑むことに相成りました。

 お陰様を持ちまして、賞賛のお言葉を頂戴し我が身の幸せと、迫り来る年の瀬
を前に身の引き締まる思いが致しました。

 そして素晴らしい海の幸が、多くの方々の手を経て、こうして晩秋の一夜の宴
に登場したのであります。

 山の恵み・海の恵み、そして春夏秋冬を身近に日々暮らす、日出る国に生まれ
た私は、改めて日本人としての「誇り」を感ずるのです。
b0129553_1353770.jpg

 およそ11Kgの立派な「あら」です。
b0129553_1372173.jpg

 兜を開くだけで、精一杯でした。
b0129553_1391279.jpg

油の載った上身をお造りに致します。
b0129553_13104930.jpg

 腹身は削ぎ切りにして、松茸と共に鍋仕立てに致します。魚との格闘で肝心の
 お料理の撮影さえ、ままなりませんでした。
b0129553_1313969.jpg

豪快にお料理の後は、華奢な器を利用して、マロンム-スをお出し致しました。
[PR]
# by hossoge | 2010-11-21 13:15 | 料理

菊を食す

b0129553_23353619.jpg
 
幸せな一時に酔いしれて束の間。既に年の瀬の準備が待ち構えていました。
未だ未だと思いきや、残り二カ月を切っているのです。

 師走の準備のスタ-トを切った今宵は、少し身体に優しい物を食す事に致
しましょう。

 苦手だった食用菊の美味しい戴き方をご披露致します。これはお酢を少し
加えて沸騰させ、さっと湯がいた菊花を西京味噌で和えただけの一鉢です。

 菊独特の苦みと癖が、美味しさに変わった瞬間です。勿論決め手はこの
上等な西京味噌にございます。

 どうぞ一度お試し下さい。
[PR]
# by hossoge | 2010-11-10 23:36 | 料理

Happy birthday for me !

暑い暑いと言い続けた、今年の夏も既に何処に行ってしまったのか?
ふと気が付けば、既に秋も終盤。我が家の木々も色づき始めました。

 この数カ月一体どう過ごしたのか、今一つ頭の中で整理が付かない
55歳を迎えた私であります。

 ところが日長一日ゆっくりとその記憶を辿ってみますと、それはそれは
幸せな一時の連続であったと、つくづく思いだす穏やかな秋の夕暮れでした。

 そうです! 今年の誕生日はワシントンDCで迎えたのです。急遽フライト
が決まり、仕事を一気に片付け慌ただしくDelta航空に飛び乗りました。

 友人のNaomiがDCに家を購入したので、是非一度見に行かなくてはと
この数カ月仕事に明け暮れた私は、現実から逃れるように、アメリカの地へ。

 初めてのアメリカ合衆国の首都、ワシントンDCの事は後ほどゆっくりと
お披露目する積りで居りますが、友人達と過ごした本当に心温まる、私の
Happy birthday の模様をご覧下さいませ。

 そして、ブログ更新さえままならなかった私を、少しだけご理解下さいね。
b0129553_22512967.jpg

   私の大好きな黄色の薔薇が飾られて・・・T君からのプレゼント
b0129553_2253542.jpg

   55歳の私はリンカ-ンの御前に・・・
b0129553_22542534.jpg

   DCではNaomiお手製のバ-スディケ-キが登場。感激でした!
b0129553_22561412.jpg

b0129553_2257539.jpg

   JhonとAlexもお祝してくれました。
b0129553_22591560.jpg

   そして帰国して翌々日、マダムTからド-ンと特大ケ-キを頂戴致しました。
   実はこれは全て生クリ-ムと、新鮮な果物で彩られた絶品なのです。
b0129553_2322714.jpg

   この日は同じくYukkiさんの還暦祝?も合わせてお祝しました。
b0129553_2341064.jpg

   そしてホワイトハウス前から、私の大切な友達全員に心よりお礼を申し上げます!
[PR]
# by hossoge | 2010-11-10 23:10 | 都会の田舎暮らし

食材の美しさ

 残暑と涼しさの繰り返しの毎日は、後少しで55歳を迎える私には、かなり
辛い季節なのであります。

 身体のだるさを感じて目覚めた朝は、たっぷりのアッサムティ-に温かな
ミルクを添えて、ゆったりと過ごす事にしています。
 
 気が付けば連休だったんですね。そしてお彼岸でもありました。本来なら
お萩も作って近所に振舞ったり、お墓参りもしたりと・・・。

 かつては季節の移り変わりと共に、年中行事もごく普通に行われていたのに
昨今の異常気象は、そんな風情さえ容赦なく壊してしまいました。

 今年は棘がピンっと張った、水々しい夏野菜にもお目に掛りませんでしたが
これから出回る秋野菜に期待して、季節を味わいたいものだと思います。
b0129553_12315890.jpg

この夏は日照りのせいか、元気な野菜が少なかった気がします
b0129553_12335647.jpg

でも松茸が出回り始めました
b0129553_1235489.jpg

これは去年の山形産のアケビです。今年も鮮やかな色を見せてくれるでしょうか?
[PR]
# by hossoge | 2010-09-20 12:37 | 料理

料理研究家・鈴木雅之の綴る四季の料理と暮らし


by hossoge