九月になりました

 今年も相変わらずの厳しい暑さの毎日でした。「夕立ち」・「朝顔」・「風鈴の音」数々の美しくも
涼やかな日本の季節の言葉が年々似合わなくなっていますね。

 そしてこの夏私は実に良く働きました。日々の仕事は勿論。ワインの試飲会のコ-ディネ-ト。
そして多方面からのアポイントをこなしました。

 今回お披露目させて戴いたワインはトスカ-ナのFontemorsi
http://www.fontemorsi.it/sangiovese_merlot_cabernet.html

フィレンツェからPisaに向かった丘陵にある、私の友人の一族所有のものです。イタリアでは
珍しくオ-ガニック認定を受けた、爽やかで美しいワインです。

 その試飲会も盛況の内に無事閉幕。華やかな二日間を経て、床を水拭きする普段の私に逆
戻り。その背後では我が家の木々から聞こえるのは「蝉の大合唱」

 ふと一息付けば暑い中にも、少しずつ秋の匂いを感じました。そして、先日来楽しみにしてい
た、二歳になるYUITO君と水遊びに興じました。

 私には全く無縁で有る筈の、子供の歓声が我が家に響き、きらきらと光る木立の木漏れ日と
共に、夏の風情を心身共に味わいました。

 昨日は「防災の日」・・・思えばこの幼子達も昨年は震災のストレスをきっと抱えた事でしょう !
だからこそ、この笑顔何だと・・・・少し反省した夏の終りです。

 これからこの国を担って行く子供達に、一体私は何を残し、何を伝えていけるのかと自分に
問いかけました。そして「幸せ」への気付きを教えて貰った気が致します。

b0129553_23123344.jpg

 今年のイタリアは猛暑でした。バッサノ・デル・グラッパに涼を求めました
b0129553_2314484.jpg

 アルプスから流れ出るブレンダ川をアルピ-ニ橋から臨みます
b0129553_23162762.jpg

 夏バテには勿論お肉を !
b0129553_2318103.jpg

我が家に美しく咲いた白い紫陽花をざっくりと活けました
b0129553_23221899.jpg

 今宵は早くも秋刀魚を食べました
b0129553_23253813.jpg

 パンの大好きな去年の夏のYUITO君 私が毎回オランダで購入します
b0129553_23264195.jpg

 この夏のYUITO君。溢れんばかりの笑顔に癒されて・・・・・
b0129553_23284982.jpg

 我が家の庭にも鳥達が遊びます
[PR]
# by hossoge | 2012-09-02 23:36 | 癒し

待賢門院と西行を偲ぶ

 自分で言うのも可笑しいのですが、この処は何時にも増して働き続けています。
昨年同様日本とイタリアを行ったり来たり・・・。時差調整にもかなり慣れましたが
時間を越えての移動は、本当に疲れるのです。

 四月の連休直前に帰国。時差で少しぼんやりしつつ、京都に出掛けることに致
しました。今年の大河ドラマも手伝って、久々に法金剛院に行きたくなったのです。

 このお寺は平安末期の后妃、待賢門院が落飾して移り住んだ都の果て・・・・・
そして、彼女に恋慕した西行も密かに暇乞いに訪れた場所と伝えられています。

 その日はそぼ降る雨の一日。雨を吸った新緑は、むせ返るほどの香気を放ち
その奥には阿弥陀如来がおわします。

 ふと思えばつい三日前には、イタリアの大理石の空間に身をおいていた事を
思い出し、石の文化と木の文化の違いを肌で感ずる一日となりました。

 女院の御願寺を後に私は仁和寺に向かいました。このお寺も源平争乱期には
度々その姿を見せるのですが、書院から臨む五重塔は余りに美しく、新芽のもみじ
の美しさは儚くさえ感じます。

 今宵は妙心寺に泊ることに致しましょう ! 翌朝の散歩が楽しみです。
そして、お陰様で時差ボケも軽く済みそうです。
b0129553_21304319.jpg

法金剛院の本堂
b0129553_2132730.jpg

夏には蓮の花が咲き揃います
b0129553_21332849.jpg

極楽浄土を思わせます。この裏手は双ケ丘が広がります
b0129553_2136529.jpg

御室御所から臨む五重塔
b0129553_21371585.jpg

王朝の美を感ずる仁和寺三門
b0129553_21383835.jpg

妙心寺の朝。修行僧の袈裟の色が美しく映ります
[PR]
# by hossoge | 2012-06-11 21:42 | 京都・奈良

黒トリュフのラビオリ

 出張に続き、連休後あれこれと雑用に追われているうちに、今日は酷く疲れを感じて
一日何もしないで過ごしてしまいました。

 五月とは言え急に冷え込んだお天気のせいか、何をするにも億劫な金曜日・・・・・
そんな昼下り素敵なティラミスを戴いたお店の「白身魚のラビオリ・黒トリュフソ-ス」
を思い出し、早く元気にならねばと自分に言い聞かせました。

 このラビオリはお魚を使った珍しいものですが、トリュフを使ったシンプルな仕上がりが
絶妙な味わいを醸し出していました。

 最近は「なんて美味しいのだろう ! 」と感ずるお料理は実にシンプル且つ素材の良さ
が際立っているものばかりです。

 さあ ! 次回はどんなメニュ-で迎えられるのでしょうか?
b0129553_20332331.jpg

[PR]
# by hossoge | 2012-05-11 20:34 | 料理

素敵なティラミス

 目黒の我が家は新緑にすっかり覆われ、厳しかった冬は何処に行ってしまったのでしょうか?
「本当にこの冬は寒かった ! 」とつくづく思います。

 そして私のBlogは冬籠り状態。皆様ご無沙汰申し上げました。確か最後に更新したのが一月、
お節料理を掲載してからずっと手付かずのまま居りました。

 それは怠けていたのではなく、兎に角仕事も含めて所用が山の如く押し寄せ、ふと気が付け
ば皐月。汗ばむ陽気と共に、私の顔は日焼けして・・・・真黒。

 おまけに相変わらずのイタリア通いも手伝って、昨日は一日中睡眠を貪りました。そして疲れも
癒えた今日、先週戴いた素敵なデザ-トを思い出し、その写真を久しぶりに掲載致しました。

 もうすっかりお馴染みになった「ティラミス」では有りますが、その美味しさと五月の薔薇を思わ
せる盛り付けに感動。珍しく写真におさめました。

 確か此処Trevisoはティラミス発祥の街とか。4/25イタリア解放記念日にも相応しい鮮やかな
この一コマをどうぞご覧下さいませ。

 ちなみにちょっと贅沢なランチの献立は、白身魚のラビオリ・黒トリュフ添え。アドリア海の海老
のグリル。Bassanoの白アスパラガス。そしてこのDolceです。
b0129553_20503155.jpg

[PR]
# by hossoge | 2012-05-07 20:50 | 料理
 年末年始の慌ただしさから、あっと言う間に睦月も終わろうとしています。
遅れ馳せながら、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 昨年は大変な天災の年でもありましたので、今年のお節料理の調製には
特別な思いがございました。

 古来より年の初めには天に感謝を奉げ、お料理の一つ一つに願いを込めて先人
が作りだしたお節料理。「食」に生きる私にとって、襟を正してあたる大切な一年の
締め括りでございます。

 こうして例年通り事にあたれる我が身の幸せを感じつつ、大自然の恩恵の賜物
を晴れの器に盛り付ける瞬間。新しき年がやって参ります。

 毎年毎年私はこの大晦から元旦への時間をとても大切にしています。この時世
だからこそ、我が国の古からの食文化を再認識して行きたいと、心に留め置きました。
b0129553_225351100.jpg

 こちらはお預かりした揚羽蝶の家紋の眩い、素晴らしいお重箱です。
b0129553_22554463.jpg

 ホッとひと息! 甘酒で癒されます。
b0129553_22584170.jpg

 先週末は「初弘法」一年の息災を願います
b0129553_2361234.jpg

 今年最初のお料理は、水菜のお雑煮です。
[PR]
# by hossoge | 2012-01-30 23:09 | 料理

Masayuki Suzuki ライヴ 2011

b0129553_10131255.jpg

皆様 ! 十二月三日のライヴにお越し下さいまして、誠にありがとうございました。
お陰様を持ちまして盛況のうちに閉幕致しました。

素敵なお花も沢山頂戴し、大好きな薔薇の花達を愛でながら、一週間前の幸せを
しみじみと感ずる週末です。

でもそんな悠長な事はこれで一区切り。私は年末の繁忙期に突入です。何時も思う
のですが、昨夜の華やかさが一転して、翌日落ち葉掃きに勤しむ我が身が、とても
愛おしく思えてなりません。

ペ-ジを代えるように、シ-ンを代えるように生きていく・・・・・・・

これが私の生きる醍醐味であります。 来年は唄い続けて30年を迎えます。
次回はどんなステ-ジになるか・・・ご期待下さいませ。

それでは、皆様に良きクリスマスが訪れますように !

b0129553_10283467.jpg

[PR]
# by hossoge | 2011-12-10 10:29 | シャンソン
 56歳の誕生日を終えた翌日、私はパリ行き夜間飛行に身を委ねていました。
デスクワ-クの続いた九月のせいか体調も今一つ。おまけに無理して飲んだ
シャンペインの酔いで直ぐにフラフラに・・・・・

 実は久しく遠ざかっていたライブをする事に致しました。「今年こそ唄いますよ」
と言い続けて、既に狼少年状態になっていたのです。

 そんな事もあり深い眠りから覚めた私は、IPODから流れるシャンソンの調べ
をじっくりと聴きながら、朝まだ早いパリに降り立ちました。

 あ- ! でも歌えるだろうか? いや 歌える筈だ ! 様々な思いが交錯する中
私の歌心は躍動をし始めました。

 未だ選曲もおろか練習さえしてはいないのに、既にポ-ズだけはプロ歌手その
ものになり切っています。

 兎に角、来る十二月三日土曜日の午後。私はステ-ジに立ちます。皆様どうぞ
青山のライブハウスにお越し下さいませ。

 ところで私は一週間前、ベネチアの奥座敷の古い古いホテルに逗留して居りました。
ハロウィンも近いこの頃、お化け達が勢ぞろいしても可笑しくない感じ・・・・

 でもそれはそれで、本当に素敵な一夜と相成りました。その怪しい雰囲気をご紹介
させて戴きます。
b0129553_23232384.jpg

此処は一体何処なの?
b0129553_23242240.jpg

潸然と輝くベネチアングラスのシャンデリア
b0129553_23253550.jpg

16世紀の建物は寂びた風情が漂い・・・・
b0129553_23265871.jpg

ところがその割になんて素敵なバ-なんでしょう !
b0129553_23282918.jpg

自室への帰り道
b0129553_23295769.jpg

そして、私も登場 !
b0129553_23305934.jpg

翌朝は清々しい風情が私を包んで暮れました
b0129553_23323854.jpg

昨夜はシンデレラを乗せたのでしょうか?
b0129553_23332579.jpg

皆様是非一度私とご一緒致しましょう !  このミステリアスな場所に・・・・
[PR]
# by hossoge | 2011-10-26 23:39 | シャンソン

秋だと云うのに・・・

 節電・節電の夏もやっと終わりました。そして私は仕事・仕事の一夏でした。
お陰様を持ちまして、ホッと一息付くこの頃です。

 兎に角暑さとの戦いで精一杯。ブログを更新する余裕は全く無く、パソコン
に向かう事って、こんなにエネルギ-がいるんだと痛感しています。

 秋だと云うのに・・・♪♪♪  懐かしい歌詞ですが、恋も出来ない・歌も歌えない
正にそんな毎日を過ごしていたのでした。

 そんな中、私はこっそりと京都に飛んでいました。久しぶりに広隆寺の弥勒菩薩
を拝する為、そして自分を見つめる為に。

 未だ夏の名残りか蓮の花。そして初秋を思わせる桔梗が揃って咲いていました。
その奥には56億7千万年後に現れるという弥勒菩薩がおわします。

 丸で時が止まってかのような数時間が流れ、私は得も云えぬ心地良さに包まれ
ていました。

 日本の美とはこうまで美しいものだったとは・・・改めて感じ入る秋の始めの風情です。
震災後未だ未だ続く不安感。せめて我が国の揺るがぬ素晴らしさを、ご覧下さい。
b0129553_2035974.jpg

 広隆寺の片隅の蓮の花です。
b0129553_20364450.jpg

 この日もかなりの残暑、でも導かれるように歩きました。
b0129553_20381819.jpg

 今宵はひっそりと妙心寺に泊る事に。。。
b0129553_20404951.jpg

 夕暮れに紛れて、霊雲院のお庭が垣間見えました。
 
[PR]
# by hossoge | 2011-09-21 20:44 | 京都・奈良

ヘ-リング

 ライデン滞在一泊目の朝、体調は頗る良くゆったりと朝食を戴きました。
渡欧するとどうして体調が良いのか?と考えてみましたら、夏時間での時差
は七時間。私が丁度日本で活動し始める頃だと気が付きました。

 そんな時間に目覚めるのですから、元気な筈ですね。おまけに曇り空ばか
りの日本と違い澄み切った青空と木々の緑。。。

 朝食を終えたばかりと云うのに、既に「お昼は何を食べよう」などと本来
の食いしん坊が芽生えて来ました。

 今から昨年末、寒さを堪えて散策した春の「デルフト」に行く事に致しま
した。そして目当てはヘ-リングサンドイッチです。
b0129553_1122764.jpg

 デルフトの市庁舎前の露天でにしんを捌く様子です
b0129553_1154351.jpg

早速注文する事に致します
b0129553_11154017.jpg

美味しそうなパンが並んでいます
b0129553_112033100.jpg

食後はデルフトの運河沿いを散歩します。勿論片手にはフライドポテト・・
[PR]
# by hossoge | 2011-06-04 11:21 | オランダ
三月の震災来打ち続く余震に怯え、飛び交う不確実な情報に惑わされつつ
誰もが無意識のうちに強いストレスを抱えてしまっている事でしょう。

 そんな私もふと気が付けば、心身共に疲れ果てて居りました。そんな矢先
昨年から計画していた「オランダ花の旅」が近づいている事に気が付きました。

 何しろ四月中頃から、身体が思うように動かず仕舞でしたので、本当に予定
通りに出発出来るのか、珍しくナ-バスな私でありました。

 出発前夜も微熱の為、寝汗でびっしょり・・・(落涙)
這うように空港に向かい、機上の人に。只ひたすら睡眠を貪りました。

 何時もは中々離陸しないKLMオランダ航空も、原子力発電所からの放射線もれ
を懸念してか、あっと言う間に飛び立ち、ふと気が付けばアムステルダムに。

 寝汗と睡眠のお陰か気分は爽快。そして、青空と花々の咲き誇る平野の国には
穏やかな夕暮れ時が待って居りました。

 「来て良かった !」つくづく我が身の幸せを感じつつ、いよいよオランダ・ドイツ
癒し旅が始まりました。

 今宵は早めに休み、翌朝は大好物のオランダ版朝食を鱈腹戴く事に致しましょう !
そして、先ずは四年振りの「キュ-ケンコフ」の花便りを皆様にお届け致します。

 時に大自然の脅威は本当に恐ろしい。でも時に大自然は私達を優しく包んでくれます。
b0129553_2126494.jpg

 花弁の大きな真っ赤なチュ-リップです
b0129553_21275675.jpg

四年振りのリッセ市の花畑に「ホッと」一息
b0129553_21294666.jpg
 
 毎年異なった配色で・・・・
b0129553_21331124.jpg

新しいお花ですね
b0129553_21341762.jpg

 厳しい冬があるからこそ、この春の美しさです
b0129553_21354831.jpg

b0129553_21364149.jpg

妖精が顔を覗かせそう・・・
b0129553_21381710.jpg
b0129553_21391934.jpg
b0129553_21401850.jpg

清々しい水辺に遊ぶ鳥達
b0129553_21422424.jpg

 眩しい光に思わず微笑みが零れました
b0129553_21442183.jpg

夕暮れのライデンの街角・・・・
b0129553_21481427.jpg

 ライデンの市庁舎
b0129553_21494418.jpg

聖ピ-タ-ス教会に被災者の冥福を祈りました
b0129553_21515959.jpg

 この運河沿いの散歩に幾度となく慰められました
b0129553_21534078.jpg

行きのフライトも10時間少々で飛んでくれました・・・ありがとう
[PR]
# by hossoge | 2011-05-31 21:54 | オランダ

料理研究家・鈴木雅之の綴る四季の料理と暮らし


by hossoge