カテゴリ:イタリア( 34 )

写真がアップ出来ません

 スマ-トホンから上手く写真のアップが出来ずにいます。
やはり記事に写真がないのは、尻切れトンボですね。

 久しぶりにPCを開いています。
b0129553_1243442.jpg

長年見続けた世界遺産ロトンダ。菜の花に囲まれ景観は初めて。
成田空港から十四時間で、この前に立って居る事が不思議でした。
[PR]
by hossoge | 2014-06-06 12:47 | イタリア

スマートホンから

 しとしと降る雨の音に気付いて、目覚めました!
思えば既に6月。我が家は紫陽花の花に被われています。

 未だ未だblogにしっかりと向き合う余裕は訪れませんが
スマートホンからの写真投稿の練習をしてみます。

 今日は恐らく雨で外出は控える事になりそう。
ぼんやりと梅雨入りの庭に安らぎを感じます!
[PR]
by hossoge | 2014-06-06 12:11 | イタリア
 昨年来すっかりブログから遠ざかってしまいました!
どう言う分けかパソコンに向かったり、近況を書き込んだりする気力を
失っていました。余りにも現実的な事に追われ過ぎたんだと思います!

 そんな折ふと目にしたのが、アリタリア航空ベネチア直行便の広告でした!
今迄はパリやアムステルダムで乗り継ぎ、約18時間前後かけてのフライト。
迷わず早速飛ぶことにしました。

 おまけに先週やっとスマートホンへの機種変更も完了。
練習も兼ねて、リアルタイムでの春のイタリアをお届け致します!
b0129553_12502459.jpg

[PR]
by hossoge | 2014-04-08 01:18 | イタリア
 北イタリアの休日から先週末戻りました。働き続けた一夏からやっと解放されて
私は乾いた空気の漂うベネチア空港に降り立っていました。

 日中は未だ未だ日差しが強いものの、朝夕は肌寒く、すでにエアコン要らず !
快適な眠りにつくことが出来ました。

 お陰で身体は軽やか、そしてここベネ-ト州には香り高いポルチ-ニ茸がお目見え !
秋の味覚を先取りし、心身共に満足した一週間でした。
b0129553_21265875.jpg

 観光より食事 ! Danieliのテラスからサンジョルジュマジョ-レ島を眺めます !
b0129553_212935100.jpg

見飽きた感じのゴンドラの群れも輝いて見えます
b0129553_21313641.jpg

 お馴染み「溜息の橋」も青空に映えています
b0129553_21323518.jpg

 カナルグランデ・サル-テ教会・そして海の税関も一望
b0129553_21343376.jpg

 この日は珍しくサンマルコ広場も水浸し・・・そんな中「青い鳥」発見???
b0129553_21362432.jpg

前菜は生のポルチ-ニとチ-ズをバルサミコ酢で戴きました。
b0129553_21371986.jpg

 プリモは「ポルチ-ニのリゾット」香りか漂っています。
b0129553_21484473.jpg

 午後には水も引いた「サンマルコ広場」
[PR]
by hossoge | 2012-09-26 21:50 | イタリア

雪の北イタリア

 紅葉をじっくり愛でる余裕もなく、今年最後のイタリアに飛んだのは
先月の下旬。仕事を終えたその足でパリ便に。。。。

 疲れ切った身体を、たっぷりの機内食とフルフラットのシ-トに横たえ
気が付けば既に、シャルル・ドゴ-ル空港に到着です。

 その日のパリは時雨れていましたが、ベネチアに着くと程なく、お日様
が顔を覗かせ、ホッと一息。何時ものキャフェが本当に心地良いのです。

 さあ ! 晩秋のイタリアでさっさと仕事を片付け、久しぶりの一人の時間
を過ごす事に致しましょう !

 ところがです。到着した翌々日は何と朝から雪・雪・雪。TAXIも来ない中
私は仕事先まで、雪の中を歩いて向かう事になりました。

 でも物は考えようです。この世界遺産のヴィチェンツァを雪化粧で見るなん
て、それはそれは素晴らしいの一言なんです。

 私は寒さも忘れ、丸で絵本の1ペ-ジに吸い込まれたように、終日一足早い
真冬の風情に浸りました。

 夕方には雪も止み、大好きな「チョコラ-タ」を啜りながら、今年頑張った
自分に拍手を贈る事に致しました。

 実に良く働いた一年だったと、改めて思うのであります。そして、我が身の
幸せをこの街の教会の聖母に、祈る事に致します。「Grazie Mille !」
b0129553_22204942.jpg

b0129553_2222121.jpg

  熱いカプチ-ノを吞んでいた外では、雪が降り始めていました。
b0129553_22235529.jpg

b0129553_22245177.jpg

世界遺産「ロトンタ゜」へと続く道もあっと言う間に雪化粧。
b0129553_22264327.jpg

  幻想的な雰囲気に、寒さも忘れて・・・・
b0129553_22281512.jpg

深い眠りについたような、ヴィラ・ロトンタ゜です。
b0129553_22315194.jpg

  寒い北イタリアでは何と言っても「チョコラ-タ」です。
b0129553_22334539.jpg

アルプスもすっかり雪に覆われ、ガス灯がともります。
b0129553_22384167.jpg

  大きな樅の木に、近づくクリスマスに思いを馳せて・・・
b0129553_2243387.jpg

モンテ・ベリコ教会のマドンナに感謝を捧げます。
b0129553_22455322.jpg

  今年もありがとうございました。
[PR]
by hossoge | 2010-12-14 22:49 | イタリア
b0129553_22492713.jpg

 余り夏らしくない夏も、そろそろ終盤を迎え、我が家の庭には秋の虫の音が
聞こえるようになりました。涼しくなったのは良いのですが、毎年この時期は
体調を狂わせてしまいます。

 悲しいかな先週末から、左足中指が化膿してしまい。歩くのも辛い毎日です。
曇り空もあって、気持ちも沈みがち・・・!

そんな時こそ、お気に入りのホテルの一室を思い浮かべて、楽しい雰囲気に
浸る自分の姿をイメ-ジする事にしています。

 国内外問わず、ホテル選びはとても大切です。この部屋はこのブログの始
めに掲載した、キャステルフランコのホテルの1コマです。

 ここはベネチアから更に内陸の、画家ティエポリの生誕した小さな街です。
古い城壁の接して建つこのホテルに滞在する時、そこには寛ぎが待ってい
ます。

b0129553_2244682.jpg

 私の部屋の窓越しに、ベネ-ト州の町並が続きます
b0129553_22503087.jpg

古い木組みの天井のペントハウスです
[PR]
by hossoge | 2009-09-03 22:52 | イタリア

これがカプリ島

早七月を迎え、日本は一年で一番不快指数の高い毎日です。お陰様で不況と言われつつ
も、この処私は毎日の仕事に追われ続けています。

 本当にありがたい事なのですが、疲れた身体を厭いながら、カプリ島での穏やかな休日を
思い出しては溜息を付く今宵であります。

 あの朝、バイクと車の波を押し分けて、サンタルチア港から一路カプリ島を目指したのでし
た。一時間の短い船旅とは裏腹に、私の目に飛び込んで来たのは、ナポリとは別世界の美
しい街並みと、何処までも広がる地中海の景色でした。

 私達は船を降り、それは可愛いTAXIに乗ってアナカプリのホテルへと向かいます。
b0129553_038618.jpg


そして、出迎えてくれたのがホテルの入口にたわわに実る、香り高いレモン達でした。
b0129553_0405588.jpg

車はホテル・カエサル・アウグストゥスに到着です。
b0129553_0421877.jpg

[PR]
by hossoge | 2009-07-07 00:44 | イタリア

ナポリの朝

 去る5/30から急に渡米する事にした為、イタリアから戻って間もない私は、年の瀬の
ような慌ただしさの毎日でした。そんな為かブログにも一切触れることが出来ませず、
皆様 ! 悪しからずお許し下さいませ。

 14年振りのアメリカではお料理も致しましたので、近いうちにご披露致します。今回
で少しこの国の良さを知った感じが致します。

 帰国後とにかく忙しい毎日に感謝しつつ、足腰が立たない状態。そしてこの日本の
湿気です。あの爽やかなナポリの朝を思い出しては、懐かしむこの頃て゜あります。

 ブラッディオレンジに始る、穏やかな休日の朝。本当に癒されました。さあこの後は
いよいよカプリ島での休日をご披露致します。
b0129553_21272498.jpg
b0129553_21275992.jpg

[PR]
by hossoge | 2009-06-30 21:28 | イタリア
 ナポリ考古学博物館で最も驚いたのは実はこの壁画でした。まさかここに展示されて
いるとは、専門分野には本当に疎い自分が恥ずかしくなりました。

 学生の頃、世界史の本にも載っていたマケドニアを世界帝国にした偉大な勇者です。
壁一面に広がる戦いの様からは、今でもその様相が感じられるようでした。

 第一日目から、つくづくもっと美術史やキリスト教史を勉強せねばと、思い知らされた
次第です。此処では、マダム・Kの豊富な知識に助けられ、学ばせて戴きました。
b0129553_2283992.jpg

教科書に載っていた、アレキサンダ-大王です
b0129553_2292713.jpg

[PR]
by hossoge | 2009-05-21 02:30 | イタリア

謎のおっぱい星人

 少しふざけてしまいましたが、一度実物を見たかった「エフェソスのアルテミス女神像」
を目のあたりにした時、人間の限りない救済への願いを感じ取りました。

 2000年以上も前に既にこのような、象用があったとは本当に驚きでした。日本でいえば
多分、千手観音に相当するものであると勝手に解釈しました。

 キリスト教成立前の大地母神である事は素人目にも分かりました。しかし館内至る所に
展示される彫像のなんてリアルな事。
b0129553_218333.jpg

[PR]
by hossoge | 2009-05-21 02:19 | イタリア

料理研究家・鈴木雅之の綴る四季の料理と暮らし


by hossoge